悪い転職エージェントの見分け方!こんな担当者なら気をつけろ!

思い切って転職をしようと活動を始めても、登録先の転職エージェントや担当者が良くないと、転職に時間がかかりすぎたり、転職が決まっても、将来に後悔するような勤務先を紹介されてしまうケースがあります。

転職は、良い転職先を見つける前に、良い転職エンジェーントた担当者を見つけるのが先だと言われる理由がココにあります。

とにかく内定がスグにでやすい会社をおススメしてくるエージェント

これは、それぞれの転職エージェントには目標やノルマがあり、その達成に応じて、評価、給料が決まるので当然といえば当然です。内定が出やすい会社を教えてくれるという意味では良いわけですが、あまりに強引だと辟易しますよね。

 多くの転職希望者の方の場合、同業他社にとにかく行きたいとは言わないもの。競合に行くなら今の会社で十分、という律儀な方が他国に比べてかなり多いのです。海外の方からすると、日本人のこの考え方は本当に不思議な国民性と思われやすいポイントの1つです。海外では理解されないことも多いといえます。

 また、日本人は、必ずしも給料が上がるから転職を希望するわけでもありません。例えばお隣の中国では給料が下がってでも転職すると言ったら相当驚かれますが(ほぼいないと思います)、日本ではそれが日常茶飯事です。将来を見据えて、今の会社よりもこちらの会社のほうがやり甲斐や最終的には給料も上がりそうだから、今はいったん下がっても良いと考えるのです。

 日本人の場合、給料だけでも、仕事内容だけでも、会社の規模や安定だけでもなく、総合的な判断のなかで転職を決めますので、押し売りする転職エージェントとはあわないでしょう。

タグ

カテゴリ:よくある失敗

あなたの転職を成功に導いてくれる転職エージェント4つの特徴とは

転職の際に、実際に付き合うことになる良いエージェント、悪いエージェントはどうやって見分ければ良いのでしょうか?
転職成功のための知識や経験はあるか?
アドバイスはくれるか?

タグ

,

カテゴリ:転職活動

40代、50代でも転職で成功する人と失敗するひとの違いとは

それでは、40代、50代でも年収が上がるような人の転職とは、何故、可能なのか。

それは、個人の人材価値が現在の職場で十分評価されていない場合と、職場を変えることによって人材価値が向上する場合に起こります。所謂、ミスマッチの状態が長年続いていたケースです。

多くの場合、しばしば本人も気づいていない人材価値が転職によって実現すると、転職後に成功したということがが起こります。

本人も見落としやすいと思われるのは、1つには市場価値のあるノウハウを持っている技術者であり、もう1つには、子会社(海外の子会社ならベスト)の管理や経営のマネジメント経験です。

このような経験を持っていて実績があっても、自分が勤めている会社での人事評価が高くないというケースはよくあります。

こうした場合、働く会社を変えることで、自分の持つノウハウが貴重なものとして評価されたり、大きな仕事を任されたりして、人材価値の上昇、収入アップということが実現することが良くあります。

タグ

カテゴリ:転職活動

会社ごとの採用方針は、転職・人材エージェントしか知らない!?ってホント?

転職には、いくつかのステップが必要になります。?情報収集、?履歴書、経歴書の作成、?面接対策、?条件交渉、?退職交渉 などが一般的です。

病気になれば、お医者さんに相談、処方。法律のトラブルがあれば弁護士に相談。何事も大事なことは、その道のプロに相談することが主流になってきました。1990年代までは、そこまで普及していなかった転職・人材エージェントという存在も、おそらく今となれば非常に一般的なものになってきたと思います。

タグ

,

カテゴリ:転職活動

ハローワークの「額面給料」と「手取り給料」の問題点とは?

平成19年に、雇用対策法が改正され、採用においての年齢制限の規定で、中高年の転職や就職の枠が広がってきました。その流れで、求人案内雑誌や求人サイトでは、転職案内を利用した転職者が多く見られます。

しかし、この転職案内企業を利用しての求人内容にもいくつか疑問点や問題点があります。

第1に収入面です。

求人案内等に表示されている収入面は「額面給料」と「手取り給料」の2種類があります。

タグ

,

カテゴリ:転職活動

あなたは大丈夫?転職活動でよくある失敗とやっておけばよかったこと

不況なこの時代でも、ネットや電車の中でも求人広告や人材サポートの広告が見られます。

そんな広告をみて求人案内のお世話になる人がいますがその中でどれだけの転職者が「転職成功者」と呼べるのでしょうか?

やはり転職希望の会社に入社した時点で、転職に成功したことになるのでしょうか。

転職活動を苦労してようやく勤め先が決まって、精力的に仕事をこなし始めた頃、自分が描いていたイメージとズレを感じてしまったという話はよくあります。そのズレが発生してしまう多くは大体業務内容に比べて給料面が期待したほどなかった、などの給与、待遇面の不満が多い傾向があります。

やはり、内定が出る前に待遇や収入面については、採用の担当者に詳細を確かめることをせず、あいまいな態度で採用された結果だと思います。というのも採用する側も人材不足ということもあって、採用に急ぎ過ぎて、転職者の条件など表面上のことしか聞きもせず、安易に採用してしまいお互いにズレが出てきやすいのです。


また入社後の「仕事への意欲」が2つのパターンで分かれてしまう場合があります。

*内定前に会社の制約などを説明され把握し、承諾して入職した社員の場合

転職側も理解して入社すると、自分の目指すべき目標やスキルを高めようとしてする傾向がある。

*入社後に知らされた場合

急いで再就職をしてしまい、配属されてから詳しい勤務条件について案内される場合は、勤務条件が等しくても心構えが違います。仕事を初めてから、こんなことは聞いていなかったなど、不満が先に出てきて、自分のスキルや経歴を伸ばす場所が見つからず、やる気が失せる傾向があるます。

ここですでに、スタート時での会社への意気込みに影響がでてくるのです。

その中でも最も不満が募るのは、収入面です。面接時では、金銭面についてはなかなか担当者には聞けない空気があるようですが、入社してから、業務の内容に対して自分が予想していた収入と、実際もらったお給料の格差が出てくると
「こんなはずではなったのに・・・」と仕事にハリが無くなりがちです。少なくても内定前には具体的な年収などは、はっきりと尋ねておいてください。

またその他にも、公休の数や年金保険や雇用保険・労働条件などの詳細に質問して、契約をキチンと取り交わす必要があります。条件を確認していないと、どんでもないことになることもあるので要注意です!

タグ

, , ,

カテゴリ:よくある失敗

知らないとヤバイ、退職後と在職中転職活動のメリッデトとメリット

退職後の転職活動のメリットとデメリット


次の職場を探すタイミングは、だいたい、いつ頃がいいでしょうか?

多くの転職希望者は、現在勤めている会社を円満退職してから、暫く自分を見つめ直してからでも、次の就職先を見つけようと思っている人が結構います。

さらに、失業保険の支給を受けながら、ゆっくり探せばいいと、のんびりハローワーク通いを、始めようとしている人も多いようです。

ところが、会社を辞めてから、次の就職先を探しはじめる中で、メリットもあれば、
デメリットも生じる訳です。退職後の再就職の活動のメリットとしては次のようなものがあります。

タグ

, , , ,

カテゴリ:転職活動

転職でよくある失敗!転職後の後見人との相性問題と転職先の決定

転職の雇用の場合は新入社員の採用方法とは違い、社員を補いたい所の最終決断は、大体直属の上司が判断するケースが多く、採用された社員にとって、入社後もその上司が後ろ盾になる場合が多いようです。

また業務上の指導を受けたり、社内での悩み事や、相談などで厄介になる時があると思います。

理想の転職はやりがいのある仕事を1日も早く任せてもらい、今もっているスキルも力も、生かせた業務で活躍することが理想的ですが、


転職者は新入社員時代とは違い、最初から教育してはくれません。

まして・・・

タグ

,

カテゴリ:よくある失敗

面接の種類と対応ポイント

 就職活動や転職活動で一番、苦労することは、やはり面接ではないでしょうか?

それは社会人1年生でも、ベテランの看護師でも一緒です。

一般的には筆記試験に合格したら次に待っているのは面接です。中には筆記試験と面接を同時にする企業や病院などもありますが、多くは一次試験が筆記試験で2次・3次試験は面接などで判断するところが多いです。

なので、就職や転職などの試験で面接試験がとても重要なポイントになってきます。

実はこの面接試験にもいくつか種類があります・・・。


大きく面接タイプを分けると2種類あります。

タグ

カテゴリ:面接

転職活動の思わぬ落とし穴!必要資金は用意していないと結構、大変

失業中で経済的にも緊迫している中で次の職場を探すと結構、目に見えない経費が掛かるものです。

面接用のスーツを買ったり、身分証明書用の写真を撮影したり、交通費・電話代など、所在地から遠い所で転職活動をする場合はそれに伴う交通費・宿泊代などが加算でしまいます。

では具体的にどの位経費が掛かるのでしょうか?

なので必要経費として挙げられるのは下のリストにしてみました。

タグ

カテゴリ:転職活動

このページの先頭へ

イメージ画像