2016年4月アーカイブ

転職でよくある失敗!転職後の後見人との相性問題と転職先の決定

転職の雇用の場合は新入社員の採用方法とは違い、社員を補いたい所の最終決断は、大体直属の上司が判断するケースが多く、採用された社員にとって、入社後もその上司が後ろ盾になる場合が多いようです。

また業務上の指導を受けたり、社内での悩み事や、相談などで厄介になる時があると思います。

理想の転職はやりがいのある仕事を1日も早く任せてもらい、今もっているスキルも力も、生かせた業務で活躍することが理想的ですが、


転職者は新入社員時代とは違い、最初から教育してはくれません。

まして・・・

タグ

,

カテゴリ:よくある失敗

このページの先頭へ

イメージ画像