知らないとヤバイ、退職後と在職中転職活動のメリッデトとメリット

退職後の転職活動のメリットとデメリット


次の職場を探すタイミングは、だいたい、いつ頃がいいでしょうか?

多くの転職希望者は、現在勤めている会社を円満退職してから、暫く自分を見つめ直してからでも、次の就職先を見つけようと思っている人が結構います。

さらに、失業保険の支給を受けながら、ゆっくり探せばいいと、のんびりハローワーク通いを、始めようとしている人も多いようです。

ところが、会社を辞めてから、次の就職先を探しはじめる中で、メリットもあれば、
デメリットも生じる訳です。退職後の再就職の活動のメリットとしては次のようなものがあります。

■退職後の再就職の活動の利点、メリットまとめ

  1. ハローワークに通う時間に余裕ができて、求人案内をじっくり受けられる
  2. 面接日時や事務手続きが求人側と合わせやすい
  3. 入社日時も調整が簡単に出来る
  4. 再就職の準備が余裕を持って出来る(引っ越しの準備など)


しかしここで問題が生じる訳です・・・。

退職後、すぐに次の就職先が決まればいいのですが、なかなか決まらない場合は、収入の面が心配になります。失業手当も受けながらと思っても、自己都合での退職の場合、年齢等によっては、すぐには支給されないので、生活費を補うために貯金などを、切り崩すような結果になってしまう。

求人案内も、そう簡単に見つかることはありません。

そうなると、再就職への焦りから妥協した、就職活動になってしまいがちです。退職後の期間が長すぎて、面接に至るまでに、あまり期間が空き過ぎると、モチベーションも下がってしまいます。


退職後の転職活動のデメリットまとめ

  1. 失業手当も受けながらと思っても、給付終了後の収入が心配
  2. 再就職への焦りから妥協しがち
  3. 退職後の期間が長すぎる場合、面接で説明が難しくなる


一方、在職中の就職活動はどうでしょうか?


在職中の再就職の活動で、一番気がかりな収入面の心配はいりません。少なくとも、定期的に給与は支払われるのですから、この点では大丈夫です。


また、在職中では以外に、求人案内も豊富にあるように思えて、余裕をもって再就職の活動に取り掛かりやすく、転職へのモチベーションも高くなります。そういう意味では、在職中からの再就職の活動が達成できそうです。

いずれにしろ、自分できちんとした計画を立てることが大事です。退職日や、次の就職はいつ頃に決めるのかなど、周囲の状況と調整しながら、次の職場を探す必要があります。


在職中の転職活動のメリットとデメリット

最近の厳しい経済情勢の下、今の会社に見切りをつけて、次の就職先を探す傾向は年々増してきました。これは、企業を巡る環境も厳しくなってきている、状況にも原因があります。

例えば、しかたなく労働条件の引き下げや、人件費削減のための希望退職者を募ったり、
雇用の人数の調整をして、就職浪人を作り出しているわけです。

こんな状況の中、待遇のいい再就職を、考える人も出てくるのはないでしょうか。仕事を辞めてから再就職の行き場がなかったら、収入の面や精神的にも問題が起きてくる可能性があります。

本来は、在職中に次の仕事を探し始め、余裕をもって引き継ぎをして、円満退職をすることが、
最も理想的なスタイルです。

有給休暇などがあれば、それを消化しながら次の就職の準備をすることが、あなたにとっても、余裕をもって転職することが出来ます。


これはあくまで理想像ですが、現実にはメリット・デメリットが見られます。


在職中の転職活動のメリットとデメリット

  1. 業務へのモチベーションを保ちながら、再就職先の業務内容に、チェンジすることができます。
  2. 収入の安定の中で転職活動が出来るので心配しないで済む


デメリットとして


  1. 業務を抱えながらでは時間の調整が取りにくく、ハローワークなどに通えない
  2. 平日業務の場合は平日の企業説明会などに出席しにくい
  3. 面接日時などのタイミングが合わなくて、最悪の場合はキャンセルせざる得ない
  4. 採用が決まっても在職中だと期日の確定が出来ない場合がある。
  5. 退職の時期も早めに公表しないと、迷惑をかけてしまう。(あなたの退職後の人材確保に時間がかかる)


転職活動と同時進行で退職日を公表してたら、転職先に解答することもできますが、辞める日が確定していない場合が、転職先に迷惑がかかる可能性が出てきます。通常、転職先起業では入社予定を決めており、その日程に転職希望者が合わせられるかが問題になります。

通常退職の意思表示は、約1ヶ月前には人事に伝えることが常識です。その間、人事も欠員の補充に動き出します。もちろん優秀なあなたには、退職阻止の動きも出てくると思います。

転職先の人材確保が急ぎだったら、今の職場との調整が取れなくて今いる職場と転職先の両方に迷惑をかける場合もあります。

この様な問題を踏まえながら、次の職場を探さないと、退職時や入職時にお互い気まずい関係になってしまいます。そのため在職中の転職活動はしっかり計画を立てて次の職場を、探すことを勧めます。



ナースではたらこ

転職希望の看護師さんに喜ばれて高い評価のある「ナースではたらこ」は満足度NO.1の転職支援サービスです。この「ナースではたらこ」の高評価のポイントは、業界最大級の求人数と担当コンサルタントの資質の良さ・最大10万円のキャリアアップの支援金など豊富。しかも全国の医療施設の9割の求人情報を網羅。人気の秘密をあなたも実感してみてください。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースフル

ナースフル(旧リクルートナースバンク)は年間100万人以上の転職をサポートしてきた実績のあるリクルートが運営する看護師専門の転職サイトなので安心感が違います。求人情報数、会員数、転職成功率、コンサルタントのサポート力、総合バランスが非常に高いことがポイントです。

 

公式サイト 評判・口コミ 評価
看護roo!

首都圏や関西・東海などの求人数が豊富です。転職希望の看護師さんが選ぶ人気の転職サイト。実績も豊富で求人の中身も高給料・高条件で病院数も業界トップクラス。今、話題の看護師転職支援サイトです。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースパワー人材センター

ナースパワーは業界最大クラスの全国12営業拠点と10万名の看護師が利用する 信頼と実績のある看護師求人・転職サイトです。 例えば月収45万円以上が確実な都市圏や短期間だけの離島・沖縄応援ナースなど 毎年2,000人以上が参加する独自の就業形態も可能。 ナースパワーは看護師求人サイトの定番。

公式サイト 評判・口コミ 評価
MCナースネット

MCナースネットはメディカル・コンシェルジュが運営する看護師転職サポートサービスです。2000年に創業。常勤・正社員の求人希望はもちろん、非常勤や短期といったお仕事の情報が得意。首都圏周辺はもちろん、国内14か所を中心にそれ以外の地方の転職希望者へも力を入れています。とくにUターン希望者に人気

公式サイト 評判・口コミ 評価

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

カテゴリ:転職活動

« 転職でよくある失敗!転職後の後見人との相性問題と転職先の決定 | ホーム | あなたは大丈夫?転職活動でよくある失敗とやっておけばよかったこと »

このページの先頭へ

イメージ画像