あなたは大丈夫?転職活動でよくある失敗とやっておけばよかったこと

不況なこの時代でも、ネットや電車の中でも求人広告や人材サポートの広告が見られます。

そんな広告をみて求人案内のお世話になる人がいますがその中でどれだけの転職者が「転職成功者」と呼べるのでしょうか?

やはり転職希望の会社に入社した時点で、転職に成功したことになるのでしょうか。

転職活動を苦労してようやく勤め先が決まって、精力的に仕事をこなし始めた頃、自分が描いていたイメージとズレを感じてしまったという話はよくあります。そのズレが発生してしまう多くは大体業務内容に比べて給料面が期待したほどなかった、などの給与、待遇面の不満が多い傾向があります。

やはり、内定が出る前に待遇や収入面については、採用の担当者に詳細を確かめることをせず、あいまいな態度で採用された結果だと思います。というのも採用する側も人材不足ということもあって、採用に急ぎ過ぎて、転職者の条件など表面上のことしか聞きもせず、安易に採用してしまいお互いにズレが出てきやすいのです。


また入社後の「仕事への意欲」が2つのパターンで分かれてしまう場合があります。

*内定前に会社の制約などを説明され把握し、承諾して入職した社員の場合

転職側も理解して入社すると、自分の目指すべき目標やスキルを高めようとしてする傾向がある。

*入社後に知らされた場合

急いで再就職をしてしまい、配属されてから詳しい勤務条件について案内される場合は、勤務条件が等しくても心構えが違います。仕事を初めてから、こんなことは聞いていなかったなど、不満が先に出てきて、自分のスキルや経歴を伸ばす場所が見つからず、やる気が失せる傾向があるます。

ここですでに、スタート時での会社への意気込みに影響がでてくるのです。

その中でも最も不満が募るのは、収入面です。面接時では、金銭面についてはなかなか担当者には聞けない空気があるようですが、入社してから、業務の内容に対して自分が予想していた収入と、実際もらったお給料の格差が出てくると
「こんなはずではなったのに・・・」と仕事にハリが無くなりがちです。少なくても内定前には具体的な年収などは、はっきりと尋ねておいてください。

またその他にも、公休の数や年金保険や雇用保険・労働条件などの詳細に質問して、契約をキチンと取り交わす必要があります。条件を確認していないと、どんでもないことになることもあるので要注意です!

転職成功者に聞く!あとで思った、転職活動中に、やっておけばよかったこと

不況の中、転職を考えていてもどんな仕事が不況に強いのか?

自分はどんな仕事が出来るのか?

など漠然とした状態で求人に応募していても、転職成功にはなれない可能性があります。

まず、自分を客観的に分析する必要があります。

・転職の目的・理由は何なのか?
・自分の得意・苦手
・将来の目標など

転職活動をする時、ここは絶対はずせない重視する条件が、描くことができます。それらを踏まえながら応募すると「志望動機」や「会社を選んだ理由」が見えてくると思います。

転職活動で満足した結果を得られた方に調査してみました。

1.「以前の企業・会社に辞表を出した原因は何ですか?」

・企業の未来が見えてこなかった

・自分の技能や技術をここでは伸ばす場所が無かった

・経営破綻・廃業・人材削減

・待遇・収入の面への不服など

このような答えが出てきました。

2.「あなたの再就職までには日数はどの位でしたか?」

・次の勤務先が決まるまでは、だいたい半年近くかかったようです。

転職にこんなにかかる背景にはやはり不況な世の中になって入るということです。

3.「あなたは面接をどの位受けますか?」

面接回数も最も多い20以上の会社を受けています。

4.「再就職の行動を起こす前にやるべきことは何だと思いますか?」

・希望する職種に必要な技能を身に付けておく

・再就職のための必要経費を貯めておく

・自分のことを客観的に分析しておくと望む会社が見えてくる

・求人先の会社の状況を調べておく(面接時で役に立つ)

・就職活動における説明会や講話などに出席する
(企業の動きや転職活動現状が見えてくる)


5「再就職の為に最も大事なことは?」

・転職用の履歴書用にきちんと作成・身分証明書用の写真を撮影する

・転職に関するサポート会社の利用の仕方

(1人では転職活動も面倒なので専任のコーディネータに相談する)

・就職サポート会社への複数登録
(1社では条件に合った転職先は見つかりにくい)

・職業安定所への相談
(複数に渡って求人先のアンテナを広げる)

・自分を見つめ直すこと
(自分の長所・短所など)

ナースではたらこ

転職希望の看護師さんに喜ばれて高い評価のある「ナースではたらこ」は満足度NO.1の転職支援サービスです。この「ナースではたらこ」の高評価のポイントは、業界最大級の求人数と担当コンサルタントの資質の良さ・最大10万円のキャリアアップの支援金など豊富。しかも全国の医療施設の9割の求人情報を網羅。人気の秘密をあなたも実感してみてください。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースフル

ナースフル(旧リクルートナースバンク)は年間100万人以上の転職をサポートしてきた実績のあるリクルートが運営する看護師専門の転職サイトなので安心感が違います。求人情報数、会員数、転職成功率、コンサルタントのサポート力、総合バランスが非常に高いことがポイントです。

 

公式サイト 評判・口コミ 評価
看護roo!

首都圏や関西・東海などの求人数が豊富です。転職希望の看護師さんが選ぶ人気の転職サイト。実績も豊富で求人の中身も高給料・高条件で病院数も業界トップクラス。今、話題の看護師転職支援サイトです。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースパワー人材センター

ナースパワーは業界最大クラスの全国12営業拠点と10万名の看護師が利用する 信頼と実績のある看護師求人・転職サイトです。 例えば月収45万円以上が確実な都市圏や短期間だけの離島・沖縄応援ナースなど 毎年2,000人以上が参加する独自の就業形態も可能。 ナースパワーは看護師求人サイトの定番。

公式サイト 評判・口コミ 評価
MCナースネット

MCナースネットはメディカル・コンシェルジュが運営する看護師転職サポートサービスです。2000年に創業。常勤・正社員の求人希望はもちろん、非常勤や短期といったお仕事の情報が得意。首都圏周辺はもちろん、国内14か所を中心にそれ以外の地方の転職希望者へも力を入れています。とくにUターン希望者に人気

公式サイト 評判・口コミ 評価

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , ,

カテゴリ:よくある失敗

« 知らないとヤバイ、退職後と在職中転職活動のメリッデトとメリット | ホーム | ハローワークの「額面給料」と「手取り給料」の問題点とは? »

このページの先頭へ

イメージ画像