40代、50代でも転職で成功する人と失敗するひとの違いとは

それでは、40代、50代でも年収が上がるような人の転職とは、何故、可能なのか。

それは、個人の人材価値が現在の職場で十分評価されていない場合と、職場を変えることによって人材価値が向上する場合に起こります。所謂、ミスマッチの状態が長年続いていたケースです。

多くの場合、しばしば本人も気づいていない人材価値が転職によって実現すると、転職後に成功したということがが起こります。

本人も見落としやすいと思われるのは、1つには市場価値のあるノウハウを持っている技術者であり、もう1つには、子会社(海外の子会社ならベスト)の管理や経営のマネジメント経験です。

このような経験を持っていて実績があっても、自分が勤めている会社での人事評価が高くないというケースはよくあります。

こうした場合、働く会社を変えることで、自分の持つノウハウが貴重なものとして評価されたり、大きな仕事を任されたりして、人材価値の上昇、収入アップということが実現することが良くあります。

特に、技術系の資格や経験が豊富のひとは、自分の技術が他の会社や職場ではどのような価値を持つかを一度は考えてみるべきでしょう。自己分析や自分で棚卸作業が出来ない場合、転職エージェントに登録し、客観的に一度、判断してもらうといった方法もあります。

複数混合スキルでアピールポイントを増やす

総務や人事、事務系であっても、本社で上手く立ち回っていただけの人よりも、子会社に飛ばされていた経験を持つ人に、社外では高い値が付く可能性があります。

また、こうした自分の仕事が過去に養ってきた「実績」と「英語」「経理・財務の知識」「ITの専門知識」などが組み合わさると、その人物は、希少価値を持っている人材になる場合があります。

  1. 米国公認会計士の資格を最後の一押しに使って電力会社から商社に転職した30代
  2. 品質管理に関するスキルと英語力を身に着けていて異業種で評価された40代
  3. 海外子会社勤務の経験が生きた50代
  4. 工場の立て直しにスキルと「数字で示せる実績」を持ち外国語や会計知識についても「自己投資」を怠らない50代

で年収アップを勝ち取ったといった、具体的事例があります。


転職成功のコツ


転職をする際に、企業に自分の価値を、アピールするためにどんなことにポイントをおけばいいのでしょうか。

分かりやすく言えば「自分を商品」として、位置づけてみませんか?
市場がいま何を求めているか?

自分を1つの商品と位置づけることで、具体的に企業が何を求めているか?個人であっても意識するようになっていきます。

「自分を1つの商品」としてプレゼンをしなくてはいけません。


そうなると時代の需要に合った技能や、職歴がどんなものが必要になるか、分かってくることでしょう。大学生の就職活動のように、無形の言葉でなく、自分の過去の実績や実際の体験談などを交えて「商品」の価値を売り込まなければならない。

今はまだアピールできるポイントが見つからない場合、これから時代にあった技能や、技術向上に意欲的に取り組むようにすると良いでしょう。

ですが、一方で、時代の変化は激しく、自己の技能の開発や、技術向上の努力を忘れてしまうと、「商品」は不要の物になってしまう危険があります。


面接の用意

また転職をするにあたって、面接は必ずあります。

そのために、これまでの職業経験を振り返ってこの会社でできること、やりたいことを具体的に書き出し、面接前にはきちんとアピールポイントを整理することも大事です。

また、求人担当者はあなたの人格や、仕事に対する考え方を、知るのに一番分かりやすい質問が

「今回の退職の理由はなんですか?」
「どのような事情や理由で転職を希望されたのですか?」

このような一般的な質問で後ろ向きな答え方をすると、1次、2次を問わず面接合格が難しくなります。


アピールポイントをまとめるように、退職理由も一度紙に書き出して
この答えが企業側にとって心象を悪くしないか?
 
1度、確認したほうがいいです。


このポイントさえ押さえておいたら、面接官とのやり取りの基本は就活中の大学生とさほど変わりはありません。

「専攻科目はなんですか?」と大学に対する質問が、転職の面接の場合は
「今どんな仕事をしているのですか?」に変わるぐらいです。

その後は「わが社の志望動機は何ですか?」に解答が的確にできること肝心です。


経営理念の確認

尚、特に気を付けたいのは、会社の経営理念などの社風に合うかどうかです。経営理念などはホームページなどを一度は確認し、自分の仕事への価値観と合うかどうか事前にチェックしておくことが大切です。

最終面接までいくのに、いつも決まらない人は技術や経験といったスキルレベルで判断されているのではなく、この経営理念などの社風と合わないと思われている可能性が極めて高くなります。


出来るだけ早いレベルで、価値観の共有など、好印象を持ってもらうことが大事です。

「仕事に対する冷静さ」・「業務への熱心さ」「会社への誠実さ」を持ち合わせている印象を与えることを目標にしていくことが転職の成功への一歩です。

面接事態の時間の長さは、あまり関係ないのです。

面接の90%以上が最初に感じた印象。つまり好印象かどうかが影響するのです。

ナースではたらこ

転職希望の看護師さんに喜ばれて高い評価のある「ナースではたらこ」は満足度NO.1の転職支援サービスです。この「ナースではたらこ」の高評価のポイントは、業界最大級の求人数と担当コンサルタントの資質の良さ・最大10万円のキャリアアップの支援金など豊富。しかも全国の医療施設の9割の求人情報を網羅。人気の秘密をあなたも実感してみてください。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースフル

ナースフル(旧リクルートナースバンク)は年間100万人以上の転職をサポートしてきた実績のあるリクルートが運営する看護師専門の転職サイトなので安心感が違います。求人情報数、会員数、転職成功率、コンサルタントのサポート力、総合バランスが非常に高いことがポイントです。

 

公式サイト 評判・口コミ 評価
看護roo!

首都圏や関西・東海などの求人数が豊富です。転職希望の看護師さんが選ぶ人気の転職サイト。実績も豊富で求人の中身も高給料・高条件で病院数も業界トップクラス。今、話題の看護師転職支援サイトです。

公式サイト 評判・口コミ 評価
ナースパワー人材センター

ナースパワーは業界最大クラスの全国12営業拠点と10万名の看護師が利用する 信頼と実績のある看護師求人・転職サイトです。 例えば月収45万円以上が確実な都市圏や短期間だけの離島・沖縄応援ナースなど 毎年2,000人以上が参加する独自の就業形態も可能。 ナースパワーは看護師求人サイトの定番。

公式サイト 評判・口コミ 評価
MCナースネット

MCナースネットはメディカル・コンシェルジュが運営する看護師転職サポートサービスです。2000年に創業。常勤・正社員の求人希望はもちろん、非常勤や短期といったお仕事の情報が得意。首都圏周辺はもちろん、国内14か所を中心にそれ以外の地方の転職希望者へも力を入れています。とくにUターン希望者に人気

公式サイト 評判・口コミ 評価

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリ:転職活動

« 会社ごとの採用方針は、転職・人材エージェントしか知らない!?ってホント? | ホーム | あなたの転職を成功に導いてくれる転職エージェント4つの特徴とは »

このページの先頭へ

イメージ画像