面接の最近のブログ記事

面接の種類と対応ポイント

 就職活動や転職活動で一番、苦労することは、やはり面接ではないでしょうか?

それは社会人1年生でも、ベテランの看護師でも一緒です。

一般的には筆記試験に合格したら次に待っているのは面接です。中には筆記試験と面接を同時にする企業や病院などもありますが、多くは一次試験が筆記試験で2次・3次試験は面接などで判断するところが多いです。

なので、就職や転職などの試験で面接試験がとても重要なポイントになってきます。

実はこの面接試験にもいくつか種類があります・・・。


大きく面接タイプを分けると2種類あります。

タグ

カテゴリ:面接

面接官に「採用したい」と思われるためのポイント

転職活動において、決して避けては通れない面接。緊張のあまり本領発揮できず、後悔の念にかられた経験のある方も少なくないでしょう。そこで、面接官のポイントついて紹介。

まずは、ありのままの自分をさらせ!ということです。
「デキる人間に見せようと、立派な言葉を一生懸命に並べる人がよくいますが、ほとんど抽象論なので、全然心に響いてこないんです。『御社の企業理念に深く共感し、私の技術と知識を御社で生かしたく......』なんて、模範解答みたいな志望動機を語っても、『ふ?ん』としか思われません(笑)。多少たどたどしくても、自分の言葉で語りましょう。

何より大事なのは、『面接官に興味を持ってもらうこと』。そこで効果的なのは、あなたならではのエピソードを語ることです。


タグ

,

カテゴリ:面接

転職したい理由。不平不満で転職するより前向きな姿勢が面接では重要

最近は、終身雇用制度の神話も崩壊して、雇用の不安定化に歯止めが効かず、
退職・転職しやすくなってきました。

しかし、転職理由の4割以上が、勤務条件の悪化と収入面での不安・疑問と答えています。

勤務環境や条件・賃金などの問題は、なかなか一人で、解決できることではありません。

とくに労働組合のない小さな会社では、職場の様々な問題点を、
会社側と対等な立場で交渉することなど無理な話です。

多くの従業員はある程度、不満を持ちながらでも、業務をこなしていくわけです。

それでも我慢できない環境にいる従業員は、自主退職していく現実があります。

次に多い転職理由としては
自分自身の技術や職歴をつんで、スキルを伸ばしていきたい。


タグ

, ,

カテゴリ:面接

面接前に考えておきたい。万が一、失業期間が長くなってしまった場合の理由と模範解答

転職活動で最も都合のいい方法は、在職中に次の就職活動をし始めて、内定の通知をもらった後、
退職してからは、早い内に次の職場に勤めることが理想的な転職活動です。

しかし、大抵の人は
退職した後から、次の就職先を探し始めるため、期日だけが過ぎて一向に見つけられる気配がなく

その間に、失業保険の給付金の期間も終了して、今までの貯蓄も底をついて、いよいよ生活が緊迫してきます。

次の就職がなかなか決まらない人の、原因はどこにあるのでしょうか?


タグ

, , ,

カテゴリ:面接

最終面接まで上手く進んだ転職活動、他社も応募すべき?!

転職活動も、書類審査も通過して、いよいよ最終面談まで行くことができました。

ホットした反面、この企業が本命でない場合、他の会社はどうしたらいいですか?

誰もが自分の一番希望する企業に、勤めたいと思うのは、当たり前なことです。

転職活動をする上で、希望する企業がいかに自分の理想とする企業なのか・・・

是非この企業に転職して、今あるスキルや技能を伸ばしたいと希望を持って応募するわけです。
しかし現実はなかなかうまくいかないこともあります。

 

タグ

, ,

カテゴリ:面接

転職の面接で給与や待遇の条件などの上手な聞き出し方

企業の転職を考えて求人案内をみていても、
大抵の求人案内の給与の記載内容は分かりにくいです。

例えば「収入500万円から」と記載されていても

・対象者は何歳なのか
・スキルや資格の記載がない
・夜勤の有無
・勤務体制は整っているのか
・交通費の支給は?など

実際このような疑問は誰にでもありますよね!

 

タグ

,

カテゴリ:面接

希望している年収は、どのタイミングで希望して良いの?

看護師の転職活動で何とか面接まで設定していただきました。

今もらっている給料より増額希望を伝えたいのですが転職に慣れておらず、
伝えるべきタイミングが分かりません。

面接官の方にはどのように話をもっていったらいいのでしょうか?

先に、これだけは避けてほしいことを伝えておきますが、
面接の初めからお給料の交渉は絶対やめてください。
気持ちは分かりますが、面接担当者の心象がとても悪くなります。


それでは、どのタイミングで話も出したらいいのでしょうか?

給与・交通費など交渉は、面談も大詰めの頃がいいです。

面接を何回か行うと
求人先の事情や雰囲気などが、
だいたい分かった頃がタイミングのいい時だと思います。

タグ

, , ,

カテゴリ:面接

看護師が転職活動するときの面接必勝法

転職に当たり一番大事な面接で失敗をすると、不採用になる可能性があるので、
気を抜けない場面です。

ここで転職を成功させるコツを紹介!

1.(病院の適合性)

希望の病院についてのポイントや特長などの下調べは必至です。
いかに自分はこの病院に適した人物か印象づけておくといいです。

2.(仕事に対する順応性)

現場は日々変化しているものです。そんな状況の中でも冷静に対応できる人物か?

また、業務内容も固定された仕事だけでなく、
いろんな分野でも向上心を持って病院に貢献していくという、
姿勢を求人側に示すことが大事です。

タグ

,

カテゴリ:面接

このページの先頭へ

イメージ画像