転職活動の最近のブログ記事

あなたの転職を成功に導いてくれる転職エージェント4つの特徴とは

転職の際に、実際に付き合うことになる良いエージェント、悪いエージェントはどうやって見分ければ良いのでしょうか?
転職成功のための知識や経験はあるか?
アドバイスはくれるか?

タグ

,

カテゴリ:転職活動

40代、50代でも転職で成功する人と失敗するひとの違いとは

それでは、40代、50代でも年収が上がるような人の転職とは、何故、可能なのか。

それは、個人の人材価値が現在の職場で十分評価されていない場合と、職場を変えることによって人材価値が向上する場合に起こります。所謂、ミスマッチの状態が長年続いていたケースです。

多くの場合、しばしば本人も気づいていない人材価値が転職によって実現すると、転職後に成功したということがが起こります。

本人も見落としやすいと思われるのは、1つには市場価値のあるノウハウを持っている技術者であり、もう1つには、子会社(海外の子会社ならベスト)の管理や経営のマネジメント経験です。

このような経験を持っていて実績があっても、自分が勤めている会社での人事評価が高くないというケースはよくあります。

こうした場合、働く会社を変えることで、自分の持つノウハウが貴重なものとして評価されたり、大きな仕事を任されたりして、人材価値の上昇、収入アップということが実現することが良くあります。

タグ

カテゴリ:転職活動

会社ごとの採用方針は、転職・人材エージェントしか知らない!?ってホント?

転職には、いくつかのステップが必要になります。?情報収集、?履歴書、経歴書の作成、?面接対策、?条件交渉、?退職交渉 などが一般的です。

病気になれば、お医者さんに相談、処方。法律のトラブルがあれば弁護士に相談。何事も大事なことは、その道のプロに相談することが主流になってきました。1990年代までは、そこまで普及していなかった転職・人材エージェントという存在も、おそらく今となれば非常に一般的なものになってきたと思います。

タグ

,

カテゴリ:転職活動

ハローワークの「額面給料」と「手取り給料」の問題点とは?

平成19年に、雇用対策法が改正され、採用においての年齢制限の規定で、中高年の転職や就職の枠が広がってきました。その流れで、求人案内雑誌や求人サイトでは、転職案内を利用した転職者が多く見られます。

しかし、この転職案内企業を利用しての求人内容にもいくつか疑問点や問題点があります。

第1に収入面です。

求人案内等に表示されている収入面は「額面給料」と「手取り給料」の2種類があります。

タグ

,

カテゴリ:転職活動

知らないとヤバイ、退職後と在職中転職活動のメリッデトとメリット

退職後の転職活動のメリットとデメリット


次の職場を探すタイミングは、だいたい、いつ頃がいいでしょうか?

多くの転職希望者は、現在勤めている会社を円満退職してから、暫く自分を見つめ直してからでも、次の就職先を見つけようと思っている人が結構います。

さらに、失業保険の支給を受けながら、ゆっくり探せばいいと、のんびりハローワーク通いを、始めようとしている人も多いようです。

ところが、会社を辞めてから、次の就職先を探しはじめる中で、メリットもあれば、
デメリットも生じる訳です。退職後の再就職の活動のメリットとしては次のようなものがあります。

タグ

, , , ,

カテゴリ:転職活動

転職活動の思わぬ落とし穴!必要資金は用意していないと結構、大変

失業中で経済的にも緊迫している中で次の職場を探すと結構、目に見えない経費が掛かるものです。

面接用のスーツを買ったり、身分証明書用の写真を撮影したり、交通費・電話代など、所在地から遠い所で転職活動をする場合はそれに伴う交通費・宿泊代などが加算でしまいます。

では具体的にどの位経費が掛かるのでしょうか?

なので必要経費として挙げられるのは下のリストにしてみました。

タグ

カテゴリ:転職活動

転職活動するなら、まず何から始めたらよい!?

 

いざ転職を考え初めて思うことは
「自分に合った仕事はあるのだろか!」と不安なことはありませんか?

「何が自分には出来るのだろうか?」「この仕事は自分に合っている!」
などを考えながら転職先を探していても、実際には求人側の要求に予測がつかないと、転職の望ましい結果につながりません。



自分が受ける企業側の情報も何も確認しないまま、転職準備しても無駄が生じます。

最近では家にいてもネットで簡単に再就職に必要な資料は、手に入りやすくなっています。


しかし、

タグ

,

カテゴリ:転職活動

自己評価と自分の価値の棚卸しは転職活動前に

長きに渡る景気の低迷の中、長年同じ職場に勤務していると、この先不安を感じて、モチベーションをいつまで保てるか悩んでいる方も多いことでしょう。

また経営不振などで、リストラ対象になって、身の振り方で悩んでいる方、転職活動を考えても、会社側の都合で退職したほうが、失業給付金などの給付が早く支給されたり、また、退職金も辞め方で金額もが変わってきますので、自分からのアクションは躊躇してしまう人も多いはず。


現在順調な人でも会社の未来は不安定です。それは病院などの医療機関も同じです。職場に自分の人生を委ねていて、自分の将来の設計をしっかり自分で立てていないとリストラや倒産、閉鎖などの「寝耳に水」状態になった時が大変です。


将来の不安に目を背けていても何も解決できません。

タグ

,

カテゴリ:転職活動

年齢35歳以上の看護師は普通の転職活動では駄目!?

求人案内には年齢の欄には「35歳まで・35歳位」などが多くみられ、
転職は20代後半位までが望ましいと言われていますが、

医療現場で働いている看護師の転職事情はどうですか?

年令的なところはやはり、一般の会社と同じで年齢が上がれば転職も困難ですが、
看護師の仕事は専門職なのでスキルのある看護師は、転職もさほど難しい方ではありません。

そうはいってもやはり医療の世界も、35歳を過ぎた頃から採用率が落ちてしまうのも現実です。

35歳のラインの理由はなんでしょうか?

タグ

, ,

カテゴリ:転職活動

転職で失敗する前に知っておきたい、看護師の転職後の年収変化

バブル経済崩壊後、就職の氷河期時代がありましたが、
ここ数年、再来といられるほど一般的な会社員では就職困難が深刻になっています。

また医療業界でも近年、少子化高齢化などが進んでいます。
そのため看護師の業務も多様化になる中、
看護師の職場離れなどで看護師不足が慢性化しています。

社会的な看護師のニーズは高まっていますが、
看護師は収入が増える職場に転職が可能なのでしょうか?

タグ

,

カテゴリ:転職活動

このページの先頭へ

イメージ画像